スキップしてメイン コンテンツに移動

Breath and Hammer 日本リリース!

こんにちは、
あっという間に秋の気配、
だいぶん涼しくなってきました。


今日は
一か月前に日本でリリースされた
キャスリーン・タグ
(Kathleen Tagg)
デイヴィッド・クラカウアー
(David Krakauer)
新アルバム
Breath and Hammer
ご紹介したいと思います。


ブログの第1話で
« you’ll never be ready »
と背中を押してくれた友人、
彼がデイヴィッド。

デイヴィッド・クラカウアーは
世界で大活躍中の
クラリネット奏者で
これまでに
20枚以上のアルバムをリリース、
Dreams and Prayers (2014)は
グラミー賞にも
ノミネートされています。

ピアニスト、作曲家、編曲家、
プロデューサーと
マルチな活躍を続ける
キャスリーン・タグは
私がニューヨークで
最初に友達になった人です。

また別の機会に
詳しく書きますが、
私の危機を救ってくれた
大恩人でもあります。

さて、そんな彼らが
タッグを組んで
年もの年月をかけて
完成したのが
『Breath and Hammer ブレス&ハマー』。

世界中から集まったアーティストとの
コラボレーションを果たし、
ラテン+ジャズ+アフリカン+アラビアン
+クレズマーといった
世界の音楽をフュージョン、
独創的な音の世界を
つくりあげました。

初めて聴いた方は皆
びっくりされるのですが、
アルバムに収録されている
すべてのサウンドは
特殊奏法を駆使した
ピアノとクラリネットの
2台のみでできています。

アコースティックピアノとクラリネットで
採りためた「音材料」を
何十層にも重ね、
壮大なサウンドに仕上げました。

ニューヨーク市立大学大学院センターの
博士課程時代の友人、
作曲家兼クラリネット奏者
キナン・アズメ
楽曲提供者として参加しています。

今春~夏にかけて
アルバムリリースと共に
予定されていた欧米ツアーが
今回のコロナ危機によって
すべて中止になってしまうという
とても残念な状況の中、

友人として
何かできることはないかと
考えた結果、

日本の皆様にも
このアルバムのことを
広く知っていただく
きっかけになればと、
ライナーノーツ
「アーティストの言葉」の
和訳のお手伝いを
させていただきました。

ブログ末尾に
全文掲載いたしましたので
ご一読いただければ
とても嬉しいです!

(内部奏法を駆使したピアノオーケストラの様子が見られます。)

***

ライナーノーツ (和訳) 全文

このアルバムを作成するにあたり
私たちはまず、自身のクラリネットとピアノで
数千に及ぶ「音サンプル」を録音して
「原材料」となるものを作りました。 

次に、私たちは特殊奏法と、
全く手の加えられていない
(アコースティックサウンドにデジタル処理を
施していない)
音サンプルを織り交ぜて
壮大なオーケストラのような
タペストリーを
作りあげました。

 多くの楽曲は
プリペアド・ピアノ「ピアノ・オーケストラ」と
クラリネットによる 
40以上にも及ぶ音の層(レイヤー) で出来ていて
この二つの楽器以外による音サンプルは
一切使われていません。
 
Breath & Hammer の根底には
音楽という共通言語によって
見出すことが出来る
全く異なる地域の人々との繋がりがあります。
 
アルバムには 私達自身のオリジナル曲に加え、
全く異なる生まれ故郷、ジャンル、
音楽的視点をもった
才能溢れるすばらしい友人や
コラボレーターによって
提供されたリード・シートやメロディーを元に、
我々が独自にアレンジしたものが
収められています。

 このアルバムに楽曲提供してくれた
アーティスト達は以下の通りです: 

ニューヨーク出身の”一匹狼” サックス奏者
ジョン・ゾーン (John Zorn) 

シリア出身の作曲家兼クラリネット奏者
キナン・アズメ (Kinan Azmeh) 

キューバ出身の打楽器奏者
ロベルト・ロドリゲス (Roberto Rodriguez) 

アコーディオン奏者、フォホーのスペシャリスト
ロブ・クルト (Rob Curto) 

モルドバ伝統音楽の巨匠
エミール・クルトア (Emil Kroitor)
 
我々の壮大な音楽の旅(プロジェクト)は
グローバルであると同時に
とても個人的な意味を持っています。
 
アルバムには、
我々自身の文化的継承
(東ヨーロッパクレズマーと南アフリカの音楽)を
反映したオリジナル作品に加え、

ロブ・クルト の
ブラジルのフォホーのメロディーに
(ナイジェリアの伝統音楽に
インスピレーションを得て
無数のピアノのサンプルを組み合わせて出来た)
ピアノ版 ”ドラムサークル” を融合させたもの、 

ロベルト・ロドリゲス の 
空想上のキューバ x ユダヤ音楽コレクションの
中からダンス、

キナン・アズメ の
 故郷や自分の居場所への
切ない想いがこみ上げる忘れがたいメロディー、

ジョン・ゾーン の
傑作 ”The Book of Angels” より2作品、

エミール・クルトア の
 故郷への敬意を表したオマージュ
などが収められています。


Breath & Hammer: The Ties That Bind Us 
(ブレス & ハマー: 私達を強く結ぶ絆) と名付けた
この旅路にあなた方を招待します。
 (ニューヨーク、2020冬)
 
”Breath and Hammer ”
ダウンロード↓




***


次回は

ニューヨーク時代の母校のひとつ

マネス音楽院について PART1

触れていきたいと思います。




Twitter で更新情報をお知らせしています。

Instagram も更新中!
(ピアノ♪ワンポイント・コラム掲載中!)

このブログの人気の投稿

My alma mater マネス音楽院について PART 3

  (前回のブログ:マネス音楽院についてPART2) 留学を決めてから、 色々な音楽学校から 募集要項や学校案内の パンフレットを取り寄せました。 色々な学校のパンフレットを 見比べていく中、 セピア調の表紙の パンフレットを 手に取ったとき、 懐かしいような 不思議な感覚がしました。 マネス音楽院のカタログでした。 なんと!まだありました! 今から20年前のマネス音楽院のカタログ 教授陣のリストや カリキュラムなどを見ていくうちに、 ますます好感度が アップしていきました。 「この学校に行きたい。」 マネス音楽院と マンハッタン音楽院に 出願を決めました。 * 少し話が横道にそれますが、 アメリカ、NYの音大といえば 何といっても ジュリアード音楽院の名前が 真っ先に挙がるかと思います。 当時の私の実力では 受けたところで まず受かることは なかったと思いますが、 願書を出さなかった 理由の一つは 願書を取り寄せた時点で プリ・スクリーニング オーディションという ビデオ予備審査の 〆切に 準備が間に合わなかったことです。 「締め切りまでに 間に合わない!!」と 候補から 外しました。 ただ、 アメリカの事情を知って 改めて言えることは、 例え〆切に 間に合わなかったとしても、 予備審査に提出した 演奏が評価され、 先生方や アドミッション (入学事務課)の 許可さえ下りれば 現地オーディションに 呼んでもらえる 可能性も充分あると思います。 このことに関しては また別の機会にも お話ししますが、 向こうの大学は その辺の融通が割と 効きます。 要項の条件を 全て満たしていないからといって、 あっさりとあきらめるのではなく、 まずはメールなどで 問い合わせることをお勧めします。 * 出願後、 現地オーディションを受けました。 マンハッタン音楽院とマネス音楽院を 受験したのですが、 両校を訪れた時の印象は すごく対照的でした。 一言でいえば、 マンハッタン音楽院は 大きくて、大人数。 マネス音楽院は (すごく)  小さくて、少人数。 当時のマネス音楽院には 食堂すらありませんでした。 その代わり、 縦に細長い古い ビルディングの五階に 「リビングスペース」のような、 ソファが囲んで置いてある スペースがあって、 〈WELCOME〉 という張り紙と共に、 ドーナツやコ

ピアノワンポイントコラム① テクニックって何?

(アメリカ留学体験記は一休み中!) 「テクニック」とは 自分が体現(実現)したい事を 可能にする為の手段・方法 です。 ここで生まれる質問: 「あなたはそのテクニックを使って 何をしたいですか?」 つまり、 「何がしたいか、何が欲しいかを知る」ことが テクニック習得の第一歩です。 * ここで、 赤ちゃんを思い出してみてください。 届かない場所に クッキーがあります。 「あそこにあるクッキーのところに行きたい」 まだ歩けない赤ちゃんは、 全身をくねらせて床をはいます。 赤ちゃんはここで、 《ずりばい》というテクニックを 習得します。 さて、 クッキーのある場所に たどり着きました。 「このクッキーを取りたい」 お皿にあるクッキーに 手を伸ばします。 つかもうとするんだけど、 つかめない。 でも、 何度かトライしているうちに、 ようやくクッキーを掴む事が出来ました。 赤ちゃんはここで、 《掴む》 という動作を学びました! いよいよ、 「クッキーを食べたい。」 クッキーを口に運ぼうとします。 運ぶときにクッキーを 何度か落としてしまうかもしれません。 掴んだクッキーを落とさないように 口に持っていきたい、、、。 最初はうまく行かなくても、 いずれ、 赤ちゃんはクッキーまでたどり着き、 クッキーを手に取り 口に運んで食べる事が 出来るようになるでしょう。 赤ちゃんは 一日当たり 《ずりばい》エクササイズ15分 《握力》強化トレーニング15分 といったように 各動作を 個別に練習した訳ではありません。 《クッキーがとりたい、食べたい》 という目的を実現したかったので、 その為に必要な 上記の動作 (技術)を 自ずと習得したのです。 * ピアノの話に戻ります。 通常 理にかなった教本や練習方法 また、 先生方のアドバイスや、 素晴らしいピアニストたちの 演奏などを通して テクニックを習得していく方が 多いと思うのですが、 そのような中で、 一人ひとり違う人間なので、 何故か思うようにいかなかったりして、 試行錯誤を 繰り返すことも 出てくるはずです。 そんな時、 「実現したい目的」 に今一度立ち返り、 そこへ意識をフォーカスすることが、 突破口になるかもしれません。 (連動する包括的な動作を 部分的に取り出して 練習したりする際には特に) 現在取り組んでいることが、 「どのよう

ピアノワンポイントコラム② 音色って何?

ピアノは、 たとえ同じ楽器であっても、 弾く人によって 音色が異なります。 透明感のある音 深みのある音 あたたかい音 かたい音 まるい音 かわいた音 潤いのある音 ・ ・ ・ 「いったい、どうやったらあんな 音が出るんだろう。」 素晴らしい演奏家の 神秘的な、 万華鏡のような サウンドを聴いて こんな風に思う方は 少なくないはずです。 * 音色に 「バリエーション」があると、 さまざまな表現が 可能になります。 絵具を使って絵を描くとき、 色を混ぜ合わせることで、 表現のバラエティーが 増すのに似ています。 各色を混ぜ合わせて 「 新しい色 」を作ったり、 ある色相の 「 濃淡や明るさ 」の変化を つけることができます。 Sonja Kanno Zeitgeist, 2019  Oil on wood, 6 panels (detail) また、 水彩、油彩、クレヨン といったように 様々な絵具を用いることで、 「 質感 」に変化を もたらすこともできます。 * 音の場合は、 「 基音 (ハンマーが触れた弦のピッチ)」 + 「 倍音 (基音との共振によって生まれる音)」 + 楽器 全体 の振動などが 音色に反映されます。 もう一つ重要な要素は 「 空間 」 「光」が無ければ色が存在しないように、 「空間」が無ければ音は存在しません。 そして 弾き手が直接 音色に影響を及ぼすものが 「 タッチ 」 です。 「打鍵」という言葉が 用いられることもありますが、 「打」という漢字のせいで 「固いものを叩く」 といったような 限定的なイメージも 持たれやすいので、 ここではあえて、 「 鍵盤に触れるときの身体の動作 +触れたときの感触 」 || 「タッチ」 という言葉を使います。 +「ペダル」 つまり、 音色のバラエティを増やす ↓ タッチとペダリングの種類を増やす ということになります。 * さて、ここで 前回お話しした 「テクニックを習得する上で大切なこと」 へと話を繋げます。 実際に鍵盤に触れて 音を出す前に ③『どんな音が欲しいか』 ↓↑ ②『何故、そのような音が欲しいのか』 ↓↑ ①『その音を使って何を伝えるのか。』 に思いを馳せてみます。 実現したい「音楽」が あってこその 音色 であって、 実際の演奏では 多彩な音色を「どのように」 使っていくか、 という