スキップしてメイン コンテンツに移動

Why New York (なぜ、ニューヨーク)?その2

その2.多様性


大学卒業時、

当時師事していた
スヴェトラ・プロティッチ教授が、
多様オープンマインド
教育環境で勉強できる
アメリカへ留学することを
勧めてくださいました。

アメリカには
ドイツ系、ロシア系、フランス系など
あらゆるバックグラウンドの
芸術家が
集まっているので、

ある一定の地域に
根ざしている
(どちらかといえば)
画一的なメソッドを
習得するというよりも、

様々な伝統や流派を
見聞きすることで、
自分がめざす音楽に合った
スタイルやメソッドを
追求して学ぶことが
できるかもしれない、
とおっしゃいました。


19世紀から20世紀にかけて、
ヨーロッパ
特にロシア&ロシア周辺
(旧ソヴィエト連邦)
東欧出身の
多くの音楽家が
アメリカで活躍しました。


作曲家:



ラフマニノフ (ロシア)
ストラヴィンスキー(ウクライナ)
プロコフィエフ(ウクライナ)
バルトーク(ハンガリー)
ドヴォルジャーク(チェコ)
マーラー(オーストリア)
シェーンベルク(オーストリア)
ヒンデミット(ドイツ)
ブロッホ(スイス)


指揮:


トスカニーニ(イタリア)
ストコフスキー(イギリス)


バイオリニスト:


ハイフェッツ(リトアニア)
アイザック・スターン(ウクライナ)


ピアニスト:
ルドルフ・ゼルキン(チェコ)
ホロヴィッツ(ウクライナ)
シュナーベル親子(ポーランド)
ホルショフスキー(ウクライナ/ポーランド)
アレクサンダー・ブライロフスキー (ウクライナ)




チェリスト:
フォイアーマン(オーストリア)
ロストロポーヴィチ(アゼルバイジャン)

また



ヨゼフ・レヴィーン(ウクライナ)
ナディア・ブーランジェー(フランス)
ナディア・ライゼンバーグ(リトアニア)
イザベル・ベンゲーローバ(ベラルーシュ)

といった、
伝説の名教師たちが
アメリカの
クラッシック教育の礎を
築きました。


その後も
後に我が師となる
アルカディ・アロノフ
1977年にサンクトペテルブルクから
米国へ移住、

同門(サヴシンスキー門徒)
ヴィタリー・マルグリス

ネイガウス門人の
ニーナ・スベトロノーヴァ

たちと共に
米国ピアノ教育の発展に
貢献しました。


私自身、
留学を決めた時点で、
具体的に
どの先生に師事したいかなど
音楽家としての方向性は
まだ定まっていませんでした。

ただ、

小さい頃から
ずっと聴いていた
リヒテルへの憧れは強く、

また、

日本での恩師
プロティッチ教授の
同門にあたる
ディヌ・リパッティ
レコーディングを
19歳で初めて聴いた時は
凄い衝撃を受けました。

留学を決意したのは
丁度この頃です。

とはいえ、
アメリカを進めて下さった
先生ご自身も
アメリカに音楽関係の
コネクションやネットワーク、
留学に関する
具体的な情報を
お持ちだったわけではありません。

そのため
学校選びや
オーディションの段取りなど
自分でゼロから行うことに
なりましたが、

しがらみのない
未知の世界へ
足を踏み入れることに
対しては
不安よりも、
わくわく感の方が
強かったです。


アメリカ留学の思いが
どんどん膨らみます。


***




Twitter で更新情報をお知らせしています。

Instagram も更新中!


このブログの人気の投稿

My alma mater マネス音楽院について PART 3

  (前回のブログ:マネス音楽院についてPART2) 留学を決めてから、 色々な音楽学校から 募集要項や学校案内の パンフレットを取り寄せました。 色々な学校のパンフレットを 見比べていく中、 セピア調の表紙の パンフレットを 手に取ったとき、 懐かしいような 不思議な感覚がしました。 マネス音楽院のカタログでした。 なんと!まだありました! 今から20年前のマネス音楽院のカタログ 教授陣のリストや カリキュラムなどを見ていくうちに、 ますます好感度が アップしていきました。 「この学校に行きたい。」 マネス音楽院と マンハッタン音楽院に 出願を決めました。 * 少し話が横道にそれますが、 アメリカ、NYの音大といえば 何といっても ジュリアード音楽院の名前が 真っ先に挙がるかと思います。 当時の私の実力では 受けたところで まず受かることは なかったと思いますが、 願書を出さなかった 理由の一つは 願書を取り寄せた時点で プリ・スクリーニング オーディションという ビデオ予備審査の 〆切に 準備が間に合わなかったことです。 「締め切りまでに 間に合わない!!」と 候補から 外しました。 ただ、 アメリカの事情を知って 改めて言えることは、 例え〆切に 間に合わなかったとしても、 予備審査に提出した 演奏が評価され、 先生方や アドミッション (入学事務課)の 許可さえ下りれば 現地オーディションに 呼んでもらえる 可能性も充分あると思います。 このことに関しては また別の機会にも お話ししますが、 向こうの大学は その辺の融通が割と 効きます。 要項の条件を 全て満たしていないからといって、 あっさりとあきらめるのではなく、 まずはメールなどで 問い合わせることをお勧めします。 * 出願後、 現地オーディションを受けました。 マンハッタン音楽院とマネス音楽院を 受験したのですが、 両校を訪れた時の印象は すごく対照的でした。 一言でいえば、 マンハッタン音楽院は 大きくて、大人数。 マネス音楽院は (すごく)  小さくて、少人数。 当時のマネス音楽院には 食堂すらありませんでした。 その代わり、 縦に細長い古い ビルディングの五階に 「リビングスペース」のような、 ソファが囲んで置いてある スペースがあって、 〈WELCOME〉 という張り紙と共に、 ドーナツやコ

ピアノワンポイントコラム① テクニックって何?

(アメリカ留学体験記は一休み中!) 「テクニック」とは 自分が体現(実現)したい事を 可能にする為の手段・方法 です。 ここで生まれる質問: 「あなたはそのテクニックを使って 何をしたいですか?」 つまり、 「何がしたいか、何が欲しいかを知る」ことが テクニック習得の第一歩です。 * ここで、 赤ちゃんを思い出してみてください。 届かない場所に クッキーがあります。 「あそこにあるクッキーのところに行きたい」 まだ歩けない赤ちゃんは、 全身をくねらせて床をはいます。 赤ちゃんはここで、 《ずりばい》というテクニックを 習得します。 さて、 クッキーのある場所に たどり着きました。 「このクッキーを取りたい」 お皿にあるクッキーに 手を伸ばします。 つかもうとするんだけど、 つかめない。 でも、 何度かトライしているうちに、 ようやくクッキーを掴む事が出来ました。 赤ちゃんはここで、 《掴む》 という動作を学びました! いよいよ、 「クッキーを食べたい。」 クッキーを口に運ぼうとします。 運ぶときにクッキーを 何度か落としてしまうかもしれません。 掴んだクッキーを落とさないように 口に持っていきたい、、、。 最初はうまく行かなくても、 いずれ、 赤ちゃんはクッキーまでたどり着き、 クッキーを手に取り 口に運んで食べる事が 出来るようになるでしょう。 赤ちゃんは 一日当たり 《ずりばい》エクササイズ15分 《握力》強化トレーニング15分 といったように 各動作を 個別に練習した訳ではありません。 《クッキーがとりたい、食べたい》 という目的を実現したかったので、 その為に必要な 上記の動作 (技術)を 自ずと習得したのです。 * ピアノの話に戻ります。 通常 理にかなった教本や練習方法 また、 先生方のアドバイスや、 素晴らしいピアニストたちの 演奏などを通して テクニックを習得していく方が 多いと思うのですが、 そのような中で、 一人ひとり違う人間なので、 何故か思うようにいかなかったりして、 試行錯誤を 繰り返すことも 出てくるはずです。 そんな時、 「実現したい目的」 に今一度立ち返り、 そこへ意識をフォーカスすることが、 突破口になるかもしれません。 (連動する包括的な動作を 部分的に取り出して 練習したりする際には特に) 現在取り組んでいることが、 「どのよう

ピアノワンポイントコラム② 音色って何?

ピアノは、 たとえ同じ楽器であっても、 弾く人によって 音色が異なります。 透明感のある音 深みのある音 あたたかい音 かたい音 まるい音 かわいた音 潤いのある音 ・ ・ ・ 「いったい、どうやったらあんな 音が出るんだろう。」 素晴らしい演奏家の 神秘的な、 万華鏡のような サウンドを聴いて こんな風に思う方は 少なくないはずです。 * 音色に 「バリエーション」があると、 さまざまな表現が 可能になります。 絵具を使って絵を描くとき、 色を混ぜ合わせることで、 表現のバラエティーが 増すのに似ています。 各色を混ぜ合わせて 「 新しい色 」を作ったり、 ある色相の 「 濃淡や明るさ 」の変化を つけることができます。 Sonja Kanno Zeitgeist, 2019  Oil on wood, 6 panels (detail) また、 水彩、油彩、クレヨン といったように 様々な絵具を用いることで、 「 質感 」に変化を もたらすこともできます。 * 音の場合は、 「 基音 (ハンマーが触れた弦のピッチ)」 + 「 倍音 (基音との共振によって生まれる音)」 + 楽器 全体 の振動などが 音色に反映されます。 もう一つ重要な要素は 「 空間 」 「光」が無ければ色が存在しないように、 「空間」が無ければ音は存在しません。 そして 弾き手が直接 音色に影響を及ぼすものが 「 タッチ 」 です。 「打鍵」という言葉が 用いられることもありますが、 「打」という漢字のせいで 「固いものを叩く」 といったような 限定的なイメージも 持たれやすいので、 ここではあえて、 「 鍵盤に触れるときの身体の動作 +触れたときの感触 」 || 「タッチ」 という言葉を使います。 +「ペダル」 つまり、 音色のバラエティを増やす ↓ タッチとペダリングの種類を増やす ということになります。 * さて、ここで 前回お話しした 「テクニックを習得する上で大切なこと」 へと話を繋げます。 実際に鍵盤に触れて 音を出す前に ③『どんな音が欲しいか』 ↓↑ ②『何故、そのような音が欲しいのか』 ↓↑ ①『その音を使って何を伝えるのか。』 に思いを馳せてみます。 実現したい「音楽」が あってこその 音色 であって、 実際の演奏では 多彩な音色を「どのように」 使っていくか、 という