スキップしてメイン コンテンツに移動

ピアノワンポイントコラム⑪譜読み~その3「楽曲の文脈~ミクロの視点から」

 

前回

楽譜を設計図に見立てて、

楽曲の構造形式について

お話しをしました。


さらには


楽曲には

デザインだけでなく

『文脈』が存在すること、


楽譜を脚本に見立てて

読み解くことの

可能性、


楽曲の『構造』と『形式』を


それぞれ


☆構造(骨組み)→プロット

☆形式(間取り)→場面

に置き換えられるところ

までお話しました。


続けて、


☆ 声部(音域)→登場人物

☆メロディ →台詞

☆動機(モチーフ)

情景、台詞、登場人物などを司る

キャラクターの素材


などに置き換えてみます。


強弱、テンポ、

アーティキュレーション、

ペダルなどの表示を

参考にしながら


実際にそれぞれの音符を

音に起こしていきます。


ただ表示に従うのではなく、

「何故その様な表示がなされているのか」

と問いかけます。


脚本としての楽譜(楽曲の文脈)

    
Photo by Waldemar Brandt 

ここからが肝心です!


それぞれの要素を

様々な角度から比べて

違いや変化に着目します。



例えば、


メインテーマの部屋→「居間」

二度現れるとします。


同じ「居間」でも

最初と二度目で

調(又は モード)】

異なれば

部屋の雰囲気

変化します。


ハ長調のメインテーマ:

昼間の「居間」

ヘ長調のメインテーマ:

夕暮れ時の「居間」


といった感じです。


たとえ


居間の場面が

再び同じ調で

現れたとしても、


最初のシーンの「居間」と、

様々な出来事の後に

再び現れる「居間」とでは

印象は異なります。


時間芸術の妙

ここにあります。


次に


メロディ→台詞ですが、


同じ台詞でも

音域が変われば

人物

入れ替わり、


和声が変化すれば

台詞に伴う

表情

変わります。


また、


同じメロディに

アーティキュレーション

変化が生じたり、

装飾バリエーション

加わることで

台詞の言い回し

変化します。


例を挙げると

きりがありませんが、


このように少しずつ

マクロ→ミクロ

視点を移し

詳細な変化に

注目することで

少しずつ文脈が

浮かび上がってきます。


このような

プロセスを経て

実際に音に起こしていく中で、


視覚だけでは

得られなかった情報も

どんどんインプットされ、

楽曲に対するビジョンが

少しずつ深まります。



譜読みの手掛かりとなる3つのコンセプト
Witz, Scharfsinn, Tiefsinn


このように、
様々な音楽の要素を
多角的に「比較する」と
いうことは

シュレーゲルをはじめとする

ドイツロマン派の

美的概念の一つ

||

Witz [独](wit [英]):「機知

関係しています。


Wits (英:wit)とは

無秩序で無関係に見える事象に

「部分的な共通点」を

見つけることです。(※)


物事が隣同士に

並べられているときは

比較的比べやすいのですが、


比べる対象が

離れ離れであったり、

全く異なる表層を

持っていた場合


その共通点は

見つけにくくなります。


例えば、

「居間で使われた

メロディの一部と

曲全体の骨組み

が一致している」


「居間で使われた

モチーフの断片を

反転させたものが

廊下の壁の模様に

なっている」


といったように


同じ要素が

異なる尺度で

使われていること

気付くことが

作品を深く読み解く

鍵になります。


例えば

私が大好きな

シューマンの作品は、


一見無関係に見える

モチーフの断片たちが、

脈絡もなく気まぐれに

飛び交っている様に

見受けられることもありますが


"Witz"を

働かせると


巧妙に仕掛けられた

トリックに

気付き始めます。


いわゆる

楽曲の「伏線」が

これに当てはまりますが

シューマンはもとより

ドビュッシーや

スクリャービンも

伏線回収の天才だと思います。


さらに、


ジャン・パウル

Witz補完する

残り二つの概念:


Scharfsinn [独]

Tiefsinn [独]


にも触れています。


Scharfsinn

「洞察力」などと

訳されますが、


「似た者同士の間に

部分的な違いを

見つける」


という意味があります。


先の例に挙げたように、


「同じ居間でも

時間帯や

時間の経過によって

雰囲気が変わる」


といったようなことです。


双子でも

性格が異なるように、


楽曲においても


同じテーマでも

設定が変化したり

別の要素が加わることで

全く異なる

表情が生まれることも

あります。


最後に、


Tiefsinn


英語で

 ”profundity” (深淵さ)

 ”the depth of meaning”(含蓄)

少し詩的な表現を使えば

”spirit”(精神)

などと訳されますが、


表面的な違いを超えた

万物を貫く「普遍性」


です。



私が


前回のブログ


『核心』


と呼んだものです。


では

楽曲の『核心』

とはいったい

何なのでしょうか。


ここで今一度

マクロの視点に立ち返ります。



次回は

『譜読み』最終章


譜読み~その4:「大事!」を見極める



※ドイツロマン派の哲学者フリードリヒ・シュレーゲルによって唱えられたこのコンセプトは、ロベルト・シューマンの作品を読み解く大きなカギの一つでもあります。シュレーゲル、ジャン・パウルはともにシューマンの作品に大きな影響を与えました。Witz, Scharfshinn, Tiefsinnコンセプトの説明は拙稿(⇩)、特に12-14ページをご参照ください。(ご興味のある方は巻末の参考文献も是非ご覧ください。)

↑無料でダウンロードいただけます。


このブログの人気の投稿

My alma mater マネス音楽院について PART 3

  (前回のブログ:マネス音楽院についてPART2) 留学を決めてから、 色々な音楽学校から 募集要項や学校案内の パンフレットを取り寄せました。 色々な学校のパンフレットを 見比べていく中、 セピア調の表紙の パンフレットを 手に取ったとき、 懐かしいような 不思議な感覚がしました。 マネス音楽院のカタログでした。 なんと!まだありました! 今から20年前のマネス音楽院のカタログ 教授陣のリストや カリキュラムなどを見ていくうちに、 ますます好感度が アップしていきました。 「この学校に行きたい。」 マネス音楽院と マンハッタン音楽院に 出願を決めました。 * 少し話が横道にそれますが、 アメリカ、NYの音大といえば 何といっても ジュリアード音楽院の名前が 真っ先に挙がるかと思います。 当時の私の実力では 受けたところで まず受かることは なかったと思いますが、 願書を出さなかった 理由の一つは 願書を取り寄せた時点で プリ・スクリーニング オーディションという ビデオ予備審査の 〆切に 準備が間に合わなかったことです。 「締め切りまでに 間に合わない!!」と 候補から 外しました。 ただ、 アメリカの事情を知って 改めて言えることは、 例え〆切に 間に合わなかったとしても、 予備審査に提出した 演奏が評価され、 先生方や アドミッション (入学事務課)の 許可さえ下りれば 現地オーディションに 呼んでもらえる 可能性も充分あると思います。 このことに関しては また別の機会にも お話ししますが、 向こうの大学は その辺の融通が割と 効きます。 要項の条件を 全て満たしていないからといって、 あっさりとあきらめるのではなく、 まずはメールなどで 問い合わせることをお勧めします。 * 出願後、 現地オーディションを受けました。 マンハッタン音楽院とマネス音楽院を 受験したのですが、 両校を訪れた時の印象は すごく対照的でした。 一言でいえば、 マンハッタン音楽院は 大きくて、大人数。 マネス音楽院は (すごく)  小さくて、少人数。 当時のマネス音楽院には 食堂すらありませんでした。 その代わり、 縦に細長い古い ビルディングの五階に 「リビングスペース」のような、 ソファが囲んで置いてある スペースがあって、 〈WELCOME〉 という張り紙と共に、 ドーナツやコ

ピアノワンポイントコラム① テクニックって何?

(アメリカ留学体験記は一休み中!) 「テクニック」とは 自分が体現(実現)したい事を 可能にする為の手段・方法 です。 ここで生まれる質問: 「あなたはそのテクニックを使って 何をしたいですか?」 つまり、 「何がしたいか、何が欲しいかを知る」ことが テクニック習得の第一歩です。 * ここで、 赤ちゃんを思い出してみてください。 届かない場所に クッキーがあります。 「あそこにあるクッキーのところに行きたい」 まだ歩けない赤ちゃんは、 全身をくねらせて床をはいます。 赤ちゃんはここで、 《ずりばい》というテクニックを 習得します。 さて、 クッキーのある場所に たどり着きました。 「このクッキーを取りたい」 お皿にあるクッキーに 手を伸ばします。 つかもうとするんだけど、 つかめない。 でも、 何度かトライしているうちに、 ようやくクッキーを掴む事が出来ました。 赤ちゃんはここで、 《掴む》 という動作を学びました! いよいよ、 「クッキーを食べたい。」 クッキーを口に運ぼうとします。 運ぶときにクッキーを 何度か落としてしまうかもしれません。 掴んだクッキーを落とさないように 口に持っていきたい、、、。 最初はうまく行かなくても、 いずれ、 赤ちゃんはクッキーまでたどり着き、 クッキーを手に取り 口に運んで食べる事が 出来るようになるでしょう。 赤ちゃんは 一日当たり 《ずりばい》エクササイズ15分 《握力》強化トレーニング15分 といったように 各動作を 個別に練習した訳ではありません。 《クッキーがとりたい、食べたい》 という目的を実現したかったので、 その為に必要な 上記の動作 (技術)を 自ずと習得したのです。 * ピアノの話に戻ります。 通常 理にかなった教本や練習方法 また、 先生方のアドバイスや、 素晴らしいピアニストたちの 演奏などを通して テクニックを習得していく方が 多いと思うのですが、 そのような中で、 一人ひとり違う人間なので、 何故か思うようにいかなかったりして、 試行錯誤を 繰り返すことも 出てくるはずです。 そんな時、 「実現したい目的」 に今一度立ち返り、 そこへ意識をフォーカスすることが、 突破口になるかもしれません。 (連動する包括的な動作を 部分的に取り出して 練習したりする際には特に) 現在取り組んでいることが、 「どのよう

ピアノワンポイントコラム② 音色って何?

ピアノは、 たとえ同じ楽器であっても、 弾く人によって 音色が異なります。 透明感のある音 深みのある音 あたたかい音 かたい音 まるい音 かわいた音 潤いのある音 ・ ・ ・ 「いったい、どうやったらあんな 音が出るんだろう。」 素晴らしい演奏家の 神秘的な、 万華鏡のような サウンドを聴いて こんな風に思う方は 少なくないはずです。 * 音色に 「バリエーション」があると、 さまざまな表現が 可能になります。 絵具を使って絵を描くとき、 色を混ぜ合わせることで、 表現のバラエティーが 増すのに似ています。 各色を混ぜ合わせて 「 新しい色 」を作ったり、 ある色相の 「 濃淡や明るさ 」の変化を つけることができます。 Sonja Kanno Zeitgeist, 2019  Oil on wood, 6 panels (detail) また、 水彩、油彩、クレヨン といったように 様々な絵具を用いることで、 「 質感 」に変化を もたらすこともできます。 * 音の場合は、 「 基音 (ハンマーが触れた弦のピッチ)」 + 「 倍音 (基音との共振によって生まれる音)」 + 楽器 全体 の振動などが 音色に反映されます。 もう一つ重要な要素は 「 空間 」 「光」が無ければ色が存在しないように、 「空間」が無ければ音は存在しません。 そして 弾き手が直接 音色に影響を及ぼすものが 「 タッチ 」 です。 「打鍵」という言葉が 用いられることもありますが、 「打」という漢字のせいで 「固いものを叩く」 といったような 限定的なイメージも 持たれやすいので、 ここではあえて、 「 鍵盤に触れるときの身体の動作 +触れたときの感触 」 || 「タッチ」 という言葉を使います。 +「ペダル」 つまり、 音色のバラエティを増やす ↓ タッチとペダリングの種類を増やす ということになります。 * さて、ここで 前回お話しした 「テクニックを習得する上で大切なこと」 へと話を繋げます。 実際に鍵盤に触れて 音を出す前に ③『どんな音が欲しいか』 ↓↑ ②『何故、そのような音が欲しいのか』 ↓↑ ①『その音を使って何を伝えるのか。』 に思いを馳せてみます。 実現したい「音楽」が あってこその 音色 であって、 実際の演奏では 多彩な音色を「どのように」 使っていくか、 という