2020年11月29日日曜日

My alma mater マネス音楽院について PART 2

 



(前回からの続き)


マネス音楽院の

最大の特色のひとつは、

音楽理論系の充実です。


長年当校で教鞭をとる名教授、

カール・シャクター氏(Dr. Carl Schachter)は、

指揮者フルトヴェングラーにも

多大な影響を与えたといわれる

「シェンカー理論」研究

の第一人者です。


入学時に

対位法の授業の先生に、

「この学校に入ったのなら、

必ずシャクター教授の授業を

とるように」

と強く勧められ、


4年間

シャクター博士の授業を

とり続けました。


シャクター博士による

「演奏家のための楽曲分析」

という授業では、


様々な楽曲を

凄い切り口から読み解いていき

楽譜上の発見を

演奏者としてどのように表現していくかを

考察するのですが、


3Dの隠し絵が見えた時のような

感動を何度も味わいました。



***



当時革新的だったシェンカー分析を

早々に取り入れたことにも

見られるように

 

創立者のデイヴィッド・マネスは、

専門実技だけでなく

音楽家としての

総合的な知識やスキルの充実を

学校の理念の一つに

掲げていました。


今回、ブログを書くにあたり

卒業時にいただいた

創立者デイヴィッド・マネスの自叙伝を

初めて読んでいます。




彼の生い立ちや、

彼がどのような思いで

学校を設立したのかという事が

綴られています。


創立当初に

教師として招かれた

アルフレッド・コルトー 、

エルネスト・ブロッホや

パブロ・カザルスとの交友録も

さることながら、


私が特に注目したのが、

マネス氏が、当時はまだ珍しかった

「公共の場での開かれたコンサート」を

開催することに尽力したくだりです。


彼は、19世紀の初め、

コンサートホールなどにおける

どちらかと言えば、窮屈で形式ばった

いわゆる「閉鎖的」な

当時のクラシックの演奏会の在り方に

疑問を感じ、


その場に居合わせた

誰もが立ち止まって

耳を傾けることのできるような、

「開かれた」コンサートの普及に

努めました。


当時の常識を覆した

「メトロポリタン美術館での無料コンサート」の

初開催に携わり、

指揮者として

1917年から1941年まで参加、

公共の場における無料コンサートの

実現、普及に貢献しました。


マネス氏の自伝には

人種や社会的地位に関わらず、

様々なバックグラウンドを持つ人々が

美術館の一角に集い、

各々の楽しみ方で音楽に身を委ねる光景を

目にした時の彼が感動が、

いきいきと描写されています。



***


『感無量とは正にこのことである。


千人を超える人々が

たった一つのこと、

「音楽への愛」

によって

突き動かされているのである。


そこには

社会的背景、階級、経済格差は

存在しない。


プライドや過度な自己顕示癖、

権威主義が入りこむ余地もない。


民主主義の精神が

これ以上純粋な形で

可視化されることなど

在り得るだろうか。


私が彼らに心を揺さぶられるのは


収入の少ない彼らが、

低賃金で劣悪な環境の工場や

お店、地下鉄などで

一日中働いて疲れ切っているのに

ここへ足を運んでいるからだ。


二時間の間

コートを抱きかかえ、

血の気の無い白い顔を片側へ傾け、

足は開き、

目はぼんやりとしている。


疲れた女性たちは

崩れるように座り込み、

巨大なスフィンクスの

高岩石でできた爪に

頭をもたせかける。


子供たちは往々にして、

彼女たちの膝の上で

細い足を投げ出して

眠ってしまう。


恋人たちは、

韓国の壺が飾ってある

ガラスケースの間に

隙間を見つけて、

肩に頭を預け

手を繋ぎながら

聴いている。』


―David Mannes, MUSIC IS MY FAITH  Second Edition (New York: reissued by his friends 1949), 252. Translated into Japanese by Emiko Sato.

(和訳:佐藤恵美子)


***

 

さて、次回は


実際にマネス音楽院に

通ってみて感じたことを中心に

お話ししたいと思います。


お楽しみに!



Twitter で更新情報をお知らせしています。


Instagram も更新中!
(ピアノ♪ワンポイントコラム掲載中)





2020年11月21日土曜日

My alma mater マネス音楽院について PART1


しばらく間が空いてしまいましたが、


今日は私の母校の一つである、


アメリカ・ニューヨークの

マネス音楽院

(Mannes School of Music)


について触れたいと思います。


1916年に 

ヴァイオリン奏者のディヴィッド・マネスと

妻クララによって

創立されたマネス音楽院は


マレイ・ペライア(ピアノ)

チョン・ミョンフン (指揮)

ビル・エバンス (作曲)


といった素晴らしいアーティストを輩出した

伝統ある音楽の名門校として知られています。


NYフィルやメトロポリタンオペラなどで

活躍する現役音楽家たちが

教授陣として在籍しており、


ピアノ:

アルフレッド・コルトー、

イザベル・ベンゲーローバ

ピーター・ゼルキン

作曲:

ジョルジュ・エネスコ

エンルスト・ブロッホ

指揮:

ジョージ・セル


といったクラシック界の巨匠たちが

歴代教授陣に名を連ねます。


中でも、伝説のピアニスト

ウラディミール・ホロヴィッツ

唯一教鞭をとった学校として

知られています。


下の写真は、

ホロヴィッツがマネス音楽院で

教えることことがニュースとなった

当時のニューヨークタイムズの記事です。



(NYタイムズ・1976年7月26日付)

From the NY TIMES ARCHIVES






マネス音楽院は1989年に

総合大学のニュースクール大学

傘下に入ります。


このニュースクール大学には


アナ・スイ

トム・フォード

マーク・ジェイコブス

などを輩出した

パーソンズ美術大学


スタニスラフスキーの

メソッドアクティングを継承する

アクターズスタジオ・ドラマスクール*

*~2005年/2006年以降はペース大学の傘下


をはじめとする


リベラルアーツ系の名門校が

名を連ねていて、


映画大好き人間の私にとっては

音楽家以外のアーティストたちとの

交流の場もより多く持てるかもしれない、

と思ったことも、


最終的にマネスに決めた理由の一つです。


ちなみに、

俳優のブラッドリー・クーパーは

2000年に

アクターズスタジオドラマスクールの

修士号を取得しています。


私が入学したのが2001年だったので、

ニアミス、、、、、でした (涙)。



さて、ここまでは、

ウィキペディアや

学校の留学サイトなどでも

紹介されている内容ですが、


次回は、

もう少し踏み込んで


バイオリニスト、音楽教育家、活動家でもあった

創立者のデイヴィッド・マネス

David Mannes

(1866-1959)

の功績など、


マネス音楽院について

もう少しお話ししたい思います。


***


Twitter で更新情報をお知らせしています。


Instagram も更新中!
(ピアノ♪ワンポイント・コラム掲載中!)



2020年9月25日金曜日

Breath and Hammer 日本リリース!

こんにちは、
あっという間に秋の気配、
だいぶん涼しくなってきました。

少し時間が空いてしまいましたが、

今日は
一か月前に日本でリリースされた
キャスリーン・タグ と
(Kathleen Tagg)
デイヴィッド・クラカウアーの
(David Krakauer)
新アルバム
Breath and Hammer
ご紹介したいと思います。

ブログの第1話で
« you’ll never be ready »
と背中を押してくれた友人、
彼がデイヴィッド。

デイヴィッド・クラカウアーは
世界で大活躍中の
クラリネット奏者で
これまでに
20枚以上のアルバムをリリース、
Dreams and Prayers (2014)は
グラミー賞にも
ノミネートされています。

ピアニスト、作曲家、編曲家、プロデューサーと
マルチな活躍を続ける
キャスリーン・タグは
ニューヨークで初めてできた友人です。

また別の機会に詳しく書きますが、
私の危機を救ってくれた
大恩人でもあります。

さて、
そんな彼らがタッグを組んで
年の年月をかけて完成したのが
新アルバム
『Breath and Hammer ブレス&ハマー』。

世界中から集まったアーティストと
コラボレーションを果たし、
ラテン+ジャズ+アフリカン+アラビアン
+クレズマーといった
世界の音楽をフュージョン、
独創的な音の世界を
つくりあげました。

初めて聴いた方は皆
びっくりされるのですが、
アルバムに収録されているすべてのサウンドは
特殊奏法を駆使した
ピアノとクラリネットの
2台のみでできています。

アコースティックピアノとクラリネットで
採りためた「音材料」を
何十層にも重ね、

壮大なサウンドに仕上げました。
ニューヨーク市立大学大学院センターの
博士課程時代の友人、
作曲家兼クラリネット奏者
キナン・アズメも
楽曲提供者として参加しています。

今春~夏にかけて
アルバムリリースと共に
予定されていた欧米ツアーが
今回のコロナ危機によって
すべて中止になってしまうという
とても残念な状況の中、

友人として
何かできることはないかと
考えた結果、

日本の皆様にも
このアルバムのことを広く知っていただく
きっかけになればと、
ライナーノーツ
「アーティストの言葉」の
和訳のお手伝いを
させていただきました。

ブログ末尾に
全文掲載いたしましたので
ご一読いただければとても嬉しいです!

(内部奏法を駆使したピアノオーケストラの様子が見られます。)

***

ライナーノーツ (和訳) 全文

このアルバムを作成するにあたり
私たちはまず、自身のクラリネットとピアノで
数千に及ぶ「音サンプル」を録音して
「原材料」となるものを作りました。 

次に、私たちは特殊奏法と、
全く手の加えられていない
(アコースティックサウンドにデジタル処理を
施していない)
音サンプルを織り交ぜて
壮大なオーケストラのような
タペストリーを
作りあげました。

 多くの楽曲は
プリペアド・ピアノ「ピアノ・オーケストラ」と
クラリネットによる 
40以上にも及ぶ音の層(レイヤー) で出来ていて
この二つの楽器以外による音サンプルは
一切使われていません。
 
Breath & Hammer の根底には
音楽という共通言語によって
見出すことが出来る
全く異なる地域の人々との繋がりがあります。
 
アルバムには 私達自身のオリジナル曲に加え、
全く異なる生まれ故郷、ジャンル、
音楽的視点をもった
才能溢れるすばらしい友人や
コラボレーターによって
提供されたリード・シートやメロディーを元に、
我々が独自にアレンジしたものが
収められています。

 このアルバムに楽曲提供してくれた
アーティスト達は以下の通りです: 

ニューヨーク出身の”一匹狼” サックス奏者
ジョン・ゾーン (John Zorn) 

シリア出身の作曲家兼クラリネット奏者
キナン・アズメ (Kinan Azmeh) 

キューバ出身の打楽器奏者
ロベルト・ロドリゲス (Roberto Rodriguez) 

アコーディオン奏者、フォホーのスペシャリスト
ロブ・クルト (Rob Curto) 

モルドバ伝統音楽の巨匠
エミール・クルトア (Emil Kroitor)
 
我々の壮大な音楽の旅(プロジェクト)は
グローバルであると同時に
とても個人的な意味を持っています。
 
アルバムには、
我々自身の文化的継承
(東ヨーロッパクレズマーと南アフリカの音楽)を
反映したオリジナル作品に加え、

ロブ・クルト の
ブラジルのフォホーのメロディーに
(ナイジェリアの伝統音楽に
インスピレーションを得て
無数のピアノのサンプルを組み合わせて出来た)
ピアノ版 ”ドラムサークル” を融合させたもの、 

ロベルト・ロドリゲス の 
空想上のキューバ x ユダヤ音楽コレクションの
中からダンス、

キナン・アズメ の
 故郷や自分の居場所への
切ない想いがこみ上げる忘れがたいメロディー、

ジョン・ゾーン の
傑作 ”The Book of Angels” より2作品、

エミール・クルトア の
 故郷への敬意を表したオマージュ
などが収められています。


Breath & Hammer: The Ties That Bind Us 
(ブレス & ハマー: 私達を強く結ぶ絆) と名付けた
この旅路にあなた方を招待します。
 (ニューヨーク、2020冬)
 
”Breath and Hammer ”
ダウンロード↓




さて、次回は

ニューヨーク時代の母校のひとつ

マネス音楽院について

触れていきたいと思います。


***

Twitter で更新情報をお知らせしています。


Instagram も更新中!
(ピアノ♪ワンポイント・コラム掲載中!)