スキップしてメイン コンテンツに移動

現地オーディション②マネス音楽院での忘れられない”珍”体験!


前回のマンハッタン音楽院の

オーディションからの続き)


詳しいいきさつは

忘れてしまいましたが、

オーディションの前に、

マネス音楽院の入学課オフィスと

オーディションの

レパートリーについて

メールのやり取りをしていました。


すると


―バッハから一曲

―コンチェルト

―自由曲1曲


を用意するように

連絡がきたのです。


要項の内容とは

食い違っていたはずでしたが、

まだまだ英語に不慣れな私は

このメールを鵜呑みにして

他の学校では求められなかった

コンチェルトを一曲

準備していました。


***


オーディション当日、

ホールの横の受付で

紙を渡され、

その紙にレパートリーを

記入するように

指示されました。


バッハ トッカータ ホ短調

モーツァルト コンチェルト K415

シューマン 謝肉祭


と記入。


バルトークの組曲も書いたかな?


ホールに入った途端、

ふわっと温かい雰囲気を感じました。




舞台から向かって

一番右端に座っておられた

チェア(代表)の先生の

(パブリナ・ドコフスカ女史)


“Hello, how are you?”


から始まり、


「さぁ、ではバッハから

始めましょうか?」


と言葉をかけていただいた

と思うのですが、


「バック」

と発音されて、

「=バッハ」と分かるまでに

数秒かかりました。


英語ではバック(語尾が子音のk)

と発音します。


トッカータのオープニング部分

を終えたをところで

いったんカットされて、

最後のフーガを

リクエストされました。


続けて、

シューマンの謝肉祭の第一曲


すると、


「じゃあ、モーツアルトの

コンチェルトが聞きたいです。」



さて、ここで、

お気づきの方も

おられるかとは思いますが、


コンチェルトって、、、、、、


そうです!!


オーケストラとソリストが

一緒に演奏する

あの、コンチェルト=協奏曲!


舞台上には私一人、

オーケストラパートを受け持つ

第二ピアノはありません。


第二ピア二ストもいません。


何故???


当時の自分にツッコミたいのは

山々なのですが、


なんせ初めてのことだらけ、

余裕がなかったのです。


オーディションのために

単身アメリカにやってくる

というだけで

もういっぱいいっぱいだった

のです。


また、


学校側から

第二ピアニストを用意するとも

第二ピアニストを用意してください

等の連絡もありませんでした。



私は、為す術もなく

オーケストラで始まる

曲の冒頭部分を飛ばした形で

ピアノのソロパートから始めました。


最初のソロパートを

無事弾き終えました。


中間のオーケストラパートに入ります。

でもオーケストラパートの音はありません!


しばしの静けさ。


......



すると!!!



審査員席からなんと、


オーケストラのみのパーㇳ(Tutti)を

ハミングする声が聞こえてきたのです。


男性の声でした。


そして!!!!!


歌っているのはもはや

一人じゃない?!?!


審査員席からの

励ましを感じました。


彼の歌声による

オーケストラパートに続いて、

私は自分のソロパートを

弾き続けました。


そうして

なんとか提示部

丸々弾き終えました。


テーブルにずらっと並んだ

教授たちが

しばしざわついた後

チェアの先生から、


「コンチェルトは課題ではありません。」


と伝えられたのです。


一瞬頭が真っ白になり、

しどろもどろの英語で、

入学課のオフィスから

コンチェルトを含む3曲を

準備するように

伝えられたと答えました。


(後で分かったことなのですが、

オフィスの人は何らかの手違いで

私を弦楽器の志願者と

勘違いしていたのです。

その為、弦楽器奏者の

オーディションの課題リストを

送ってきていたのでした。)


「何かソナタは用意していますか?」

と尋ねられました。


数日前の

マンハッタン音楽院の

オーディションで弾いた

ベートーベンのソナタ作品31-3

があったので

このソナタを弾くことになりました。


今回は

第1楽章の提示部だけでなく

展開部の最後まで

聴かれました。


先生方は

私がソナタを全楽章きちんと

準備できているのかを

確認したかったのでしょうか、


引き続き

第三楽章のメヌエットも

リクエストされました。


想定外の状況で、

予定より多くの曲を弾いて、

オーディションが終わった時は

放心状態でした。


外で待っていた係の子が

「凄く長くかかったけど、どうしたの?」

と聞いてきました。


状況を説明すると、

「長く聴いてもらえるのは

良いことだから大丈夫。心配しないで。」

と励ましてくれました。


今でも少し不思議なのは、

先生方はそもそも

なぜ、

課題に入っていないコンチェルトを、

しかも第二ピアニストもいない状態で

指定されたのでしょうか、、、、、、。


私にソナタの準備の

有無を先に確認して、

他に曲を準備できて

いなかった時のことを

思いやって、

ご指定下さったのか。


理由は分かりかねますが、

きっと審査員の先生方も、

ハミングに合わせて

コンチェルトを弾き続ける

受験生の様子を見るのは

なかなか面白かったと思います。


オーケストラパートを

歌って下さった先生が

どなたであったか

未だに分かりません。


あの時の

暖かくてユーモア溢れる

歌声は今も忘れられません。


そして

舞台袖でやさしい言葉をかけてくれた

オーディションのスタッフの女の子。


パンフレットを見てあこがれていた学校に

心から行きたいと思った瞬間です。



(補足) 現在のマネス応募要項には、

ピアノ専攻のオーディション課題の箇所に

「コンチェルトは不可」と

しっかり明記されています!


また、2021年は

コロナかの影響で

ビデオ予備審査に加え、

ファイナルオーディションも

ビデオ審査のみの大学がほとんどです。


***


今後の掲歳予定:


入学前のPlacement Exam 

(クラス分けテスト)

ついて

留学前の英語学習・トフルのこと




このブログの人気の投稿

My alma mater マネス音楽院について PART 3

  (前回のブログ:マネス音楽院についてPART2) 留学を決めてから、 色々な音楽学校から 募集要項や学校案内の パンフレットを取り寄せました。 色々な学校のパンフレットを 見比べていく中、 セピア調の表紙の パンフレットを 手に取ったとき、 懐かしいような 不思議な感覚がしました。 マネス音楽院のカタログでした。 なんと!まだありました! 今から20年前のマネス音楽院のカタログ 教授陣のリストや カリキュラムなどを見ていくうちに、 ますます好感度が アップしていきました。 「この学校に行きたい。」 マネス音楽院と マンハッタン音楽院に 出願を決めました。 * 少し話が横道にそれますが、 アメリカ、NYの音大といえば 何といっても ジュリアード音楽院の名前が 真っ先に挙がるかと思います。 当時の私の実力では 受けたところで まず受かることは なかったと思いますが、 願書を出さなかった 理由の一つは 願書を取り寄せた時点で プリ・スクリーニング オーディションという ビデオ予備審査の 〆切に 準備が間に合わなかったことです。 「締め切りまでに 間に合わない!!」と 候補から 外しました。 ただ、 アメリカの事情を知って 改めて言えることは、 例え〆切に 間に合わなかったとしても、 予備審査に提出した 演奏が評価され、 先生方や アドミッション (入学事務課)の 許可さえ下りれば 現地オーディションに 呼んでもらえる 可能性も充分あると思います。 このことに関しては また別の機会にも お話ししますが、 向こうの大学は その辺の融通が割と 効きます。 要項の条件を 全て満たしていないからといって、 あっさりとあきらめるのではなく、 まずはメールなどで 問い合わせることをお勧めします。 * 出願後、 現地オーディションを受けました。 マンハッタン音楽院とマネス音楽院を 受験したのですが、 両校を訪れた時の印象は すごく対照的でした。 一言でいえば、 マンハッタン音楽院は 大きくて、大人数。 マネス音楽院は (すごく)  小さくて、少人数。 当時のマネス音楽院には 食堂すらありませんでした。 その代わり、 縦に細長い古い ビルディングの五階に 「リビングスペース」のような、 ソファが囲んで置いてある スペースがあって、 〈WELCOME〉 という張り紙と共に、 ドーナツやコ

ピアノワンポイントコラム① テクニックって何?

(アメリカ留学体験記は一休み中!) 「テクニック」とは 自分が体現(実現)したい事を 可能にする為の手段・方法 です。 ここで生まれる質問: 「あなたはそのテクニックを使って 何をしたいですか?」 つまり、 「何がしたいか、何が欲しいかを知る」ことが テクニック習得の第一歩です。 * ここで、 赤ちゃんを思い出してみてください。 届かない場所に クッキーがあります。 「あそこにあるクッキーのところに行きたい」 まだ歩けない赤ちゃんは、 全身をくねらせて床をはいます。 赤ちゃんはここで、 《ずりばい》というテクニックを 習得します。 さて、 クッキーのある場所に たどり着きました。 「このクッキーを取りたい」 お皿にあるクッキーに 手を伸ばします。 つかもうとするんだけど、 つかめない。 でも、 何度かトライしているうちに、 ようやくクッキーを掴む事が出来ました。 赤ちゃんはここで、 《掴む》 という動作を学びました! いよいよ、 「クッキーを食べたい。」 クッキーを口に運ぼうとします。 運ぶときにクッキーを 何度か落としてしまうかもしれません。 掴んだクッキーを落とさないように 口に持っていきたい、、、。 最初はうまく行かなくても、 いずれ、 赤ちゃんはクッキーまでたどり着き、 クッキーを手に取り 口に運んで食べる事が 出来るようになるでしょう。 赤ちゃんは 一日当たり 《ずりばい》エクササイズ15分 《握力》強化トレーニング15分 といったように 各動作を 個別に練習した訳ではありません。 《クッキーがとりたい、食べたい》 という目的を実現したかったので、 その為に必要な 上記の動作 (技術)を 自ずと習得したのです。 * ピアノの話に戻ります。 通常 理にかなった教本や練習方法 また、 先生方のアドバイスや、 素晴らしいピアニストたちの 演奏などを通して テクニックを習得していく方が 多いと思うのですが、 そのような中で、 一人ひとり違う人間なので、 何故か思うようにいかなかったりして、 試行錯誤を 繰り返すことも 出てくるはずです。 そんな時、 「実現したい目的」 に今一度立ち返り、 そこへ意識をフォーカスすることが、 突破口になるかもしれません。 (連動する包括的な動作を 部分的に取り出して 練習したりする際には特に) 現在取り組んでいることが、 「どのよう

ピアノワンポイントコラム② 音色って何?

ピアノは、 たとえ同じ楽器であっても、 弾く人によって 音色が異なります。 透明感のある音 深みのある音 あたたかい音 かたい音 まるい音 かわいた音 潤いのある音 ・ ・ ・ 「いったい、どうやったらあんな 音が出るんだろう。」 素晴らしい演奏家の 神秘的な、 万華鏡のような サウンドを聴いて こんな風に思う方は 少なくないはずです。 * 音色に 「バリエーション」があると、 さまざまな表現が 可能になります。 絵具を使って絵を描くとき、 色を混ぜ合わせることで、 表現のバラエティーが 増すのに似ています。 各色を混ぜ合わせて 「 新しい色 」を作ったり、 ある色相の 「 濃淡や明るさ 」の変化を つけることができます。 Sonja Kanno Zeitgeist, 2019  Oil on wood, 6 panels (detail) また、 水彩、油彩、クレヨン といったように 様々な絵具を用いることで、 「 質感 」に変化を もたらすこともできます。 * 音の場合は、 「 基音 (ハンマーが触れた弦のピッチ)」 + 「 倍音 (基音との共振によって生まれる音)」 + 楽器 全体 の振動などが 音色に反映されます。 もう一つ重要な要素は 「 空間 」 「光」が無ければ色が存在しないように、 「空間」が無ければ音は存在しません。 そして 弾き手が直接 音色に影響を及ぼすものが 「 タッチ 」 です。 「打鍵」という言葉が 用いられることもありますが、 「打」という漢字のせいで 「固いものを叩く」 といったような 限定的なイメージも 持たれやすいので、 ここではあえて、 「 鍵盤に触れるときの身体の動作 +触れたときの感触 」 || 「タッチ」 という言葉を使います。 +「ペダル」 つまり、 音色のバラエティを増やす ↓ タッチとペダリングの種類を増やす ということになります。 * さて、ここで 前回お話しした 「テクニックを習得する上で大切なこと」 へと話を繋げます。 実際に鍵盤に触れて 音を出す前に ③『どんな音が欲しいか』 ↓↑ ②『何故、そのような音が欲しいのか』 ↓↑ ①『その音を使って何を伝えるのか。』 に思いを馳せてみます。 実現したい「音楽」が あってこその 音色 であって、 実際の演奏では 多彩な音色を「どのように」 使っていくか、 という