スキップしてメイン コンテンツに移動

出願準備① 米国音大の学位制度について Application Process Part 1



出願予定校の
「募集要項」を見るときに
最初にチェックしたいのが以下の2点。

1.必要な提出書類

2.出願期限


【出願のステップ】

出願したい学校の
ホームページを見つける。

 ADMISSION (入学事務) の頁へ行く。

APPLY (出願) という項目を探す。

ELIGIBILITY (出願資格)
APPLICATION REQUIREMENT (出願必要条件)
TIMELINE (出願手順、〆切の日程)
をチェックする


出願の具体的な
プロセスに入る前に
アメリカの学位制度や用語について、
少しご紹介。


【出願の際に知っておきたい用語1】

Full-time student  (正規学生) 
Part-time student (非正規学生) 


Full-time studentとは、
一定期間に、一定以上の単位を
履修する「正規学生」のことです。

Part-time studentは
必要な教科だけを履修したり、
短期間聴講、またはレッスンのみを受講する
「非正規学生」のことです。

Part-time student では
留学生に発行される
F1ビザが適用されません。


そのため、留学生は原則として
Full-time Student Program
で出願します。


[アメリカの音楽大学で取得できる学位とディプロマ(例)の種類]



【出願の際に知っておきたい用語2】

Undergraduate Program (大学学部)
Graduate Program (大学院)


大学4年間の過程:
Undergraduate Program

大学院の過程:
Graduate Program



【出願の際に知っておきたい用語3】

Degree Program (学位取得プログラム) 
 Non-degree Program (修了証書取得プログラム)

Degree Program は
プログラムを修了した際に
学位が授与されます。

Non-degree Program は
学位ではなく
修了証書 (ディプロマ)
授与されます。


---------------------------------------------------
Degree Program:
Bachelor’s degree(学士号)
Master’s degree (修士号)
Doctorate degree(博士号)

Non-degree program:
Undergraduate Diploma
Graduate Diploma
Professional Studies Diploma
Artist Diploma
--------------------------------------------------


学位は上記の3種類ですが、
ディプロマ・プログラムに関しては、
学校によって
種類・呼び名が異なります。


また、全ての学校に
全ての学位取得プログラムが
あるわけではありませんので
あらかじめ募集要項で
確認しておいてください。


Non-degree Program の特徴は
アカデミック(学術的) 必修科目が
比較的少ないことです。
実技のスキルアップに
専念したい人向けです。

既に学士号や、修士号を
取得していて
更に実技を極めたい人も
Non-degree Program を選びます。


Degree Programでは
必須科目以外に
レクチャーリサイタルや論文などが
課せられる学校が多いです。


学位を取得するための
requirement (必要条件)は、
学校によってまちまちなので、

出願する時点で
あらかじめチェックしておくと
より自分の目的に合った
プログラムを選ぶことが
できるはずです。


Degree Program のメリットは
学位がグローバル共通であることと、
 将来大学で教鞭をとれる
チャンスが増えることです。

米国大学における
テニュアトラック制*の審査の際には、
博士課程を取得していると
非常に有利になります。
[*大学で教授として終身雇用が保証される権利のこと]


言うまでもありませんが、
学位が無くても、
教授職につかれる方も
おられますし、
その逆もしかり、
学位があったとしても
教授職に就けない方々
もたくさんおられます。

そもそも
教授職に興味がない
演奏家の方々も
おられるかと思います。

ただ、
ジュリアード音楽院の
Artist Diploma など、
非常に難関の
Non-degree Programを修了し、
既に演奏家として
活躍されている方々でさえ、
改めて博士課程に進まれるケースを
たくさん目にしてきたことも事実です。


学位取得プログラムの
基本的な出願資格は以下の通りです。

高校卒業、
またはそれに匹敵するの資格を取得済み (予定)
Bachelor‘s Program (学士課程)



②学士号取得済み (予定)
Master‘s Program (修士課程)



③修士号取得済み (予定)
Doctorate Program (博士課程)


一定の条件を満たせば、
学士号を取得後、
修士課程を経ずに
直接博士課程へ進むケースも
あるようです。


基本的に年齢制限はありませんが、
若手育成に特化した
カーティス音楽院には、
年齢制限があります。
しかし、これはとても稀なケースです。


どの学校においても
特殊例があると思いますので
自分に出願資格があるか
分からない場合は、
Admission Office に連絡して、
確認することをお勧めします。

例え、希望するコースの
出願資格が無くても、
別のコースへ出願することを
勧められる場合もあるからです。


***


次回:出願準備 ②
「具体的な出願の準備」



Twitter で更新情報をお知らせしています。


Instagram も更新中!
(ピアノ♪ワンポイントコラム掲載中)