スキップしてメイン コンテンツに移動

Countable? (数えられる?数えられない?)


前回の質問:



ピザ(pizza)

数えられる(可算名詞)?

それとも

数えられない(不可算名詞)?

(*答えを既に知っておられる方は、おまけ〜文末の次回予告へ↓)


答えは、ズバリ

「両方」


1.切り分ける前のピザ (whole pizza) は

数えられます。(=可算名詞)

a whole pizza
two  whole pizzas
three whole pizzas
.
.
.

2枚以上の (whole) pizza には
語尾に「s」が付きます。


「whole」という単語は「全体」を
意味します。




2.切り分けた後のピザ (slice of pizza) は
数えられません。(=不可算名詞)
     
          
「〜切れ」を表現する 
"slice of (または piece of) "
とセットで使います。

a slice (piece) of pizza
two slices (pieces)  of pizza 
three slices (pieces) of pizza
.
.
.


2切れ以上のときは、
slice (またはpiece) の語尾に
「s」を付けます



ケーキ (cake) を数える時も同様。

切る前は可算名詞、
切った後は不可算名詞となります。


切った後のケーキを数えるときは、

"piece of (slice of)" を付けて、

a piece of cake
two pieces of cake
three pieces of cake
.
.
. 

と数えます。


似たような例として
コーヒー (coffee) を数える時には、

「〜杯」を表現する 
"cup of"
 とセットで使います。

a cup of coffee

two cups of coffee 
three cups of coffee
.
.
.

2杯目以降には
cup の語尾に「s」を付けます



日本語には
可算名詞、不可算名詞といった
分類がないので

魚 (fish) =不可算名詞
概念 (concept) =可算名詞 

といった独特な分類を
色々探してみるのも
興味深いです。



《おまけ》


少し話がそれてしまいますが、

"a piece of cake" は、

「朝飯前」や「楽勝」といった
意味合いを持つ
慣用句でもあります。

その場合、

“It’s a piece of cake!"

=「そんなの簡単だよ」

「お安い御用です」

と訳されます。

他にも色々面白い表現があるので、
また少しずつご紹介出来れば思います。


最後にもうひとつだけ、

前回のブログに登場した

「ピザ一切れの半分」

これを英語で表現すると、

‘‘half a slice of pizza‘‘

となります。


***

(次回予告)




Twitter で更新情報をお知らせしています。

Instagram も更新中!